あんまんと茉莉花茶と

タナトスのまなざし
<< 今日考えてたこと。 | main | ヱヴァア >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
嫌われ願望
ボクは嫌われたいのかもしれない。
 
ぼくは物心ついた時から今に至るまで、明確に仲違いというものをした記憶がない。
もちろん、そう思っているのはこちらだけで相手からは心底疎ましがられていた、ということはあったかもしれないが。
とにかく僕の主観として、口を聞かない、ソリが合わないということはなかった。と思う。
 
全く珍しい人間ではない。
人とぶつかったことは多々ある。
部の方針に関して意見を交わしたことがある。
何かのニュースに対しての考察を述べ合ったこともある。
時間をもう少し溯れば、殴り合いのケンカをしたのなんて一度や二度じゃない。
しかしそれらの後は必ず、必ず双方主張の妥協点を見出だせたし、ケンカの相手とはそれまで以上に仲良くなった。
 
そこまでなら別段文句はない。
日本中世界中の人々がごく普通に体験してきた子供時代に相違ない。

 
でもここで違和感を覚える。
 
当時は感じなかったけれど、振り返った今になってなんともいえないイヤな感じがする。
 
話し合いの落とし所がいつもこちら寄りだった気がする。
それに対して相手は少しも嫌な顔を見せず、かえって清々しい表情さえしていたように思える。
ケンカの後いつも向こうから謝られいた気がする。
その後は妙にぼくの評価を高くしていたように思える。

自意識過剰で片付けてしまえばそれまでだけれど。



やめてくれ。
そんな「いい奴。いい子。いい人。」みたいな蔦で。
がんじがらめにしないでくれ。
自分がマジメ系クズになったのは周りのせいだ

っていうどーしようもない責任転嫁
| ここね | 日常羅列 | 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:54 | - | - | - | - |









http://apple-jasmine.jugem.jp/trackback/191
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ twitter
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ SPONSORED LINKS
+ MOBILE
qrcode